社会人2年目でゴールドカードを複数枚所有してきた私が年会費無料の楽天カードに再入会した理由

シェアする

こんにちは、kazukiです。

クレジットカードといえば、と聞かれたら大半の方が真っ先に思い浮かぶのは「楽天カード」ではないでしょうか。

楽天カードマンのCM年会費無料ポイントがどんどんたまり、審査も通りやすい、もはや国民的クレジットカードと言っても過言ではないくらいの有名なクレジットカードですよね。

私も18歳で大学生の頃に楽天カードを作成し使用していたのですが、学生時代で一度退会してしまいました。

なぜなら

みんな持っていてダサいから

この一言に尽きます…(楽天カードさんすみません…)

デザインに関しても三井住友カードやAMEXのように洗練されているシンプルでかっこいいカードでもなければ、誰でも作れてしまうので所有欲やステータス性を満たすこともできない、ただの庶民カードと、その当時は思い、こだわりの強かった私にとっては満足のいくカードではなかったのです。

その後、三井住友カードを発行したり社会人になってからはAMEXや様々なゴールドカードを作成し、使用してきました

ですが、最近になってそんな庶民カードである楽天カードを再発行することにしました

そこで、今回は楽天カードを一度退会した私が、楽天カードを再発行した理由について共有していきたいと思います!

楽天カードを再発行した理由

私が楽天カードを再発行した理由は以下の3つになります。

楽天証券のつみたてNISAで楽天スーパーポイントと楽天カード払いが使える

1つ目ですが、楽天証券でつみたてNISAの毎月の投資金額をカード払いできるということです。

社会人になりつみたてNISAを始めるにあたり、楽天証券では楽天カードに限りクレジットカード払いでの入金ができ、その支払額に対しポイントが付くと知り、迷わず楽天カードを発行しようと思いました。

年間40万円の積み立て額に対して、1%(4,000円相当)のポイントがつき、そのポイントを更に投資に回せるわけですから、他のカードのポイントを貯めて商品券や還元率の低いマイルに変換するよりだいぶ有効なポイント活用方法かと思います。

楽天経済圏のメリットを享受できる

2つ目が、楽天経済圏についてです。

1つ目の理由として記載した楽天証券はもちろんですが、楽天市場や楽天モバイル、楽天でんきなど様々なサービスがあり、その大前提として楽天カードがあります。

私自身はAmazon Prime会員であり、LINEモバイルユーザーでもあり、それほど楽天のサービスに固執しているわけではありませんが、楽天ポイントは普段の買い物でも貯めることができますし、ポイントの貯めやすさが段違いになり、そのポイントは全てつみたてNISAに使用して証券化できるという素晴らしいメリットがあるので、利用する価値は大いにあると感じています。

大抵のゴールドカードは私にとって過剰なステータスや特典内容だった

3つ目ですが、私はこれまでJCB GOLDカードや三井住友プライムゴールド、AMEXグリーンなど、いくつかの有名なゴールドカード(相当)のステータスカードを使用してきました。

確かに、金色に輝くクレジットカードは見た目も格好良く、ステータス性も認められており、所有欲も満たしてくれるのですが、正直それ以上のメリットが見当たりませんでした。

さらにいうと、駆け出しのサラリーマンにとっては大見栄を張っていると周りに言いふらしているのも同然な、未分不相応のカードと思うようになってきました。

会社で働いていると周りも同じような経済的ステータスの人がほとんどですから、そこでマウントをとったりすると見栄を張っているのが一瞬でバレてしまいますからね…

また、特典に関してもT&E周りのサービスが中心で年会費以上の恩恵を受けることはおそらく無いと感じてしまいました。

ゴールドカードを使ってみた結果、私にとってクレジットカードはステータスを誇示するアイテムではなく、決済を円滑に進めてくれ、年会費以上のリターンがあれば十分と分かったので、上記に書いたようなメリットを無料で享受できる楽天カードは現在の私にとって最強の選択肢となり、使用しております。

まとめ

今回は、一度ダサいからという理由で楽天カードを手放し、ゴールドカード等を使ってみた結果、楽天カードを再発行した私が、その理由について共有させていただきました。

年会費無料で大きなメリットがあるので、しばらくは楽天カードを愛用していこうかとおもいます。

以上、ご参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

シェアする

フォローする