マイナポイントはどこがお得?おすすめ? 人気キャッシュレスを比べてみた

シェアする

こんにちは、kazukiです。

2020年9月1日より「マイナポイント」がスタートしました。

  • ポイントがもらえるらしいけど、詳しく調べたことがない
  • どこのポイントがいいの?

といった方に向けて、今回はマイナポイントの概要や人気キャッシュレス事業者についてまとめたので共有していきたいと思います!

マイナポイントとは

マイナポイントは総務省による施策で、総務省マイナポイント公式サイトによると

マイナンバーカードを使って予約・申込を行い、

選んだキャッシュレス決済サービスでチャージやお買い物をすると、

そのサービスで、ご利用金額の25%分のポイントがもらえるのが

「マイナポイント」のしくみです。(お一人あたり5,000円分が上限です)

出典 https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/

といった内容になっております。

つまり、マイナンバーカードを発行とキャッシュレス決済の利用で最大5,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンです!

いわばポイントをばら撒くような施策ですが、政府の意図が気になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一般社団法人 環境共創イニシアチブによるキャッシュレス決済事業者向けの説明の中で以下のような事業概要となっておりました。

本事業は、消費税引上げに伴う需要平準化策として、マイナンバーカードを取得しマイナポイントを申し込んだ消費者に「マイナポイント」を付与する事業です。キャッシュレス決済事業者に対し、マイナポイント付与の補助、事務経費の補助を行います。

出典 https://sii.or.jp/mynapoint02/

こちらから考察するに、2019年の消費税増税に伴う消費刺激、マイナンバーカードおよびキャッシュレス普及を目的としているようです。

昨今のCOVID-19により予期せぬ社会情勢の中でスタートしてしまった感じは否めませんが、1人の消費者としてはありがたい施策と思っています。

申請方法

マイナポイントを取得するための申請は大まかに下の図のような手順で実施することになります。

マイナンバーカードをまだお持ちで方は、お住まいの自治体やオンラインでの申請でカードを発行してください。

その後、スマホやパソコンでマイナポイントの申し込みとあるのですが、NFCによる読み取りとなります。

スマホであればマイナンバーカードに内蔵されているICチップをSuicaのようにスマホをかざして読み取る必要があるので、ご自身のスマホが対応しているか注意が必要です。

対応機種は下記より確認できます。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/nfclist/

パソコンの場合、NFC読み取り用のリーダーが必要になり準備が大変なので、スマホで実施することを個人的に推奨します。(5,000円以上の金額がかかったら意味ないですから)

マイナポイントの予約・申し込みができたらご自身の希望するキャッシュレス決済事業者にてポイントの申請をしていきます。

キャッシュレス業者比較

肝心なキャッシュレス事業者の選択ですが、2020年9月5日時点でなんと111種類のサービスがあります。

SuicaやPayPay、三井住友カードなどの全国的に有名なサービスから、地銀のクレジットカードまで多種多様なラインナップとなっています。

詳細は下記URLより確認できます。

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_search/

どのポイントが人気?

これだけ多いとどれが人気なの?となりますよね。

2020年6月のICT総研のレポートによると、「PayPay」「楽天カード」がダントツで人気のようです。

こちらをみる限りでは、日常的に利用しているものが選ばれており、サービスの普及率により差がついているようです。

個人的におすすめのサービス

とはいってもどこがお得なの?という方に個人的におすすめのサービスを2つ紹介します!

WAON

WAONでは独自に最大10%のポイント加算がされるサービスを実施しています。

こちら、チャージ金額に対して通常25%のポイントに加えて、追加で10%のポイントが付与されるようになっていて、上限20,000円のチャージで5,000+2,000=7,000WAONの還元を受けられます!

普段からイオン系列のお店で買い物をする方は、還元率を考えるとWAONがおすすめです。